読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”流れの落ち葉”13本社ビル4

2013-02-04

”流れの落ち葉”13本社ビル4

写真は池田の下の宮内の天満宮です。

f:id:FUNFUJ:20150726200437j:plain

目次

  2013-1/15日--’13-1/16日

流れの落ち葉 ことの始め------スポット小説 ”流れの落ち葉” を始めるに当たり

  1/16日-----------------1/16日---------------1/20日

1 プロローグ--------------2 入社1--------------- 3 入社

   1/2日-----------------1/2日---------------- 1/24日

入社3-------------------5 本社ビル1----------- 6 余話1 猫の話

  1/24日-----------------1/25日---------------1/27日

7 余話2 名前について------8 余話3 目次-------- 9 余話4動物園

  1/28日-----------------1/29日---------------1/30日

10 本社ビル2-----------11 本社ビル3”--------12 余話5鳩ぽっぽ碑” 

   2/4日

13 本社ビル4

 

”流れの落ち葉”13 本社ビル4

 

 昭和41年9月末日頃、 僕、藤木 鶏太はいつもの通りに阪急

梅田から環状線大阪駅ホームへ電車に乗るために急ぎ足で向かって

いました。その日はあいにく雨上がりでホームは少し滑りやすく

なっていたが、ドアーが閉まるので小走りに駆け込もうと向かった。

 ところが、丁度上手くホームと電車入り口の間の隙間にスポット

はまり込んだ。 しかし、反射神経から両腕で支えてセーフ。

周りの客が引き上げてくれて事なきを得た。

 高校時代柔道部に入っていて練習に励んだ甲斐がありました。

高校は池田にある府立校で部室から、プールまで高低差が5mあり

階段は30度の傾斜で夏休みの練習でウサギ跳びで駆け上がり、

横のスロープ小道を駆け下りを10回以上を繰り返していった。

そのおかげで反射神経と足腰の骨が丈夫になっていたのです。

 怪我も無く、その日の仕事後の帰り際、向井さんから話が

あるので鶴橋の改札前で待って欲しいと言われました。

さあ-来たと喜び勇んで駅に向かいました。

 

「すいません、呼び出しを掛けて」

「いいえ、何度でもかめへで~」

「実はね~」

「なんやの~言いよどんで」

「あのね~私に彼氏が居るねん」

「え~え~彼氏おるんか~」

「そおやねん、せかくやけどあんたの話に応じられへんはー」

 

 あ~あ~、初めての失恋意気消沈しました、

これ以降、くそ真珠目人間を卒業しました。

それ後も、向井さんのパーツ点数の時間調整は大人の対応で

他の人と同じようにして差し上げました。

 

 さあ、いよいよラジオ技術電気設計員への展開です。

 次回へ Y.F