読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”流れの落ち葉”14 ラジオ技術1

2013-02-10

”流れの落ち葉”14 ラジオ技術1

写真は池田駅南側のゴリラです。

f:id:FUNFUJ:20150727195533j:plain

目次

 2013-1/15日------’13-1/16日

流れの落ち葉 ことの始め------スポット小説 ”流れの落ち葉” を始めるに当たり

  1/16日----------------1/16日----------------1/20日

1 プロローグ-------------------2 入社1-----------------3 入社

  1/2日------------------1/2日------------------1/24日

入社3------------------------5 本社ビル1-------------6 余話1 猫の話

  1/24日----------------1/25日----------------1/27日

7 余話2 名前について-----------8 余話3 目次----------9 余話4動物園

  1/28日----------------1/29日----------------1/30日

10 本社ビル2-----------------11 本社ビル3”----------12 余話5鳩ぽっぽ碑” 

  2/4日------------------2/10

13 本社ビル4------------------14 ラジオ技術1

 

”流れの落ち葉”14 ラジオ技術1

 

 昭和40年3月16日、わたくし藤木 鶏太は晴れてラジオ技術へと

転属となりました。 その日の朝、製造課長の田原さんに連れられ

3階のラジオ技術の東課長へと引き継がれました。

 3階の東側に階段が有り廊下沿いにエレベーター、更衣室、

ファクステレックス室があって経理の部屋前を通り北に営業の

部屋、会議室、社長室が有った。その反対側の大きなフロアーに

開発部、テープレコーダー部、ラジオ部とグループがあり、

それぞれ電気設計、機構設計に分かれていました。

 西側に部長、次長の大きな机があり、北側に机と図面台を

並べた機構部があり、南に4机を固めて各係長が3人程の

設計者を指導している電気部があった。その中のラジオ電気設計で

藤巴係長の下で働くことになった。

 

「藤巴君、彼今日から君の下ヤー」と東課長

「君、なんちゅう名前やったかなー」

「藤木 鶏太です。」

「藤木君かー、呼びにくいな-ー、そやーKチャンで行こう。」

「ええーやろう、なあー」

「はい、いいです。」

「藤巴君、藤木 鶏太君ヤーしっかり教えてやれヤー」

「藤木君かーしっかり頑張りやー」と藤巴係長

「はい、よろしくお願いします。」

 

 この東課長には台湾出向にも、帰ってからも大変お世話になりました。

先日もお目にかかったら、Kチャン小説書いているかいと聞かれ辛気

くさいから辞めましたと返事してしまいました。

 しかし、この様な形で小説を書きご期待に応えることが出来ました。

これから、いよいよラジオ技術電気での凝り固まった思い上がりの

安物の技術者バカの長い人生が始まります。

 つまり、開発で無く応用と言うか展開上手の電気技術者で有ります。

 

次回へ Y.F