読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”流れの落ち葉”45 オーデイオ技術7 再会

 ”流れの落ち葉”45 オーデイオ技術7 再会

 それまで職場の改善とか、何かアイデアが有れば何でも良いから提案し、
委員会が審査してランクを付けて賞金が出ました。 私も良く提案して
給料前の小遣い稼ぎをしていました。(平の発想です)

 写真は裏からの登山口です。

f:id:FUNFUJ:20150728100858j:plain

 その発展したのがQCサークルで各職場毎に小グループを作り、職場の
改善案等をまとめます。 そして、年に一回グループ会社として、本社、
各工場毎に発表会があり代表を決めます。 その代表が集まり、グループ
会社が持ち回りで、その会社の所在地で大発表会が開催されます。
 何回目かの大会で那賀川工場主催が有りました。
徳島市内のホテル会議場を借り切って開催されました。

 

「おーう、ケイチャン久しぶりやナー」と生技時代の杉田課長改め部長
「久しぶりやんカー」と生技時代の澤田係長改め課長
「あー、杉田部長に澤田課長、ご無沙汰しています、その後お変わり
有りませんカー、エーエ相変わらず平ですワー」
 と、大会の休憩時にロービで出会いました。
「おう、ケイチャン久しぶりやナー」と東郷とうさん
「あー、とうさん久しぶりでスー、あれ井田さん何で此所に居るのンー」
「あのねー、俺ドイツに出向してんねんけど、報告に一時帰国やねンー」
「ふんー、忙しいやネー」
「おい、おいーそんなことエーエーやん、それより飯食いに行こう。」
「とうさん、何所に行くねやンー」
「そら決まっているやか、うどんヤー」
「うん、ええわ井田さんエエーナー」
「ええけどなータバコは外で吸いヤー」
「分かってる、分かってる何時も厳しいナー」
 暫くして饂飩が運ばれてきた。


「うわー、いつ来ても讃岐うどん最高や、満足ー満足ンー」

 と年に一回の大会は旧知の懇親の場でも有った。
会社が大きくなるに連れ色んな研修が催された。               

次回へ