読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”流れの落ち葉”51 出張3特別区

 

”流れの落ち葉”51 出張3特別区

 私、藤木鶏太は香港商社の紹介で連雲港の特別区内の外注工場へ、会社の
迎えの車でホテルから毎日通っていた。 特別区は日本企業や外国の企業があり、
その場所は市外に有ります。 そこえは高速道路で通っていたが、車は空いて
おりスムーズに走っております。 真ん中が舗装された道で両脇にデコボコ道が
あり、ロバに引かせた荷馬車がコトコト走っていました。 
 私、藤木鶏太は香港商社の紹介で連雲港の特別区内の外注工場へ、会社の
迎えの車でホテルから毎日通っていた。 特別区は日本企業や外国の企業があり、
その場所は市外に有ります。 そこえは高速道路で通っていたが、車は空いて
おりスムーズに走っております。 真ん中が舗装された道で両脇にデコボコ道が
あり、ロバに引かせた荷馬車がコトコト走っていました。 
廻りは柵もなく、田んぼや小さい街などがあり、人も道路を横切っていました。
 ある日、何時ものどおりに走っていて街の近くに来た時、道路を荷馬車が
斜めにコトコト横切りました。 わー、ぶつかると思っていたら運チャンがロバを
避けたのは良いが、スピードが出ているのでブレーキを掛けても斜めに走り、
側溝の溝に車の三部の一はみ出してやっと止まりました。
 街の人が大勢出てきて廻りに群がりました。

写真は公園の横に在る、駐車場の観光バスです。

f:id:FUNFUJ:20150728103449j:plain

「おいー、兄ちゃん大丈夫カーあの荷馬車斜めに横切ったからナー」
「うんー、大丈夫ヤーしゃけんど命びろいしたナー」
「あんた、日本人やロー、何所え行くんヤー」
「うん、特別区のXX電機に指導にヤー」
「エー、あの有名な会社かヨー、よかたー、よかたー、命あってナー」

 

 そう警察が来て運転手に事情を聞いている時、人の良さそうな農夫が喋る。
そして、特別区内の香港の出張事務所に落ち着き、会社に向かいました。
廻りは広い土地で空き地が多く、工事中の所があります。
会社に着くと薫事長に紹介され、2階の生産管理の部屋に連れて行かれ、担当の
斎さんにコンベヤを見せられました。
管理の部屋の窓から外を見ると駄々広い野原があり、遠くに軍港があって
時々大砲の音が響き窓がガタガタ揺れます。
 便所に入ると小便の溝は汚れており、大便の部屋はドクロが巻いており、
ウエーウエーと遣っていると部屋の上が開いており、背の高い現地人の男が
何んやろうと覗いていました。 そして、明くる日掃除の小母さんが便所を
懸命に掃除に励んでいたので有りました。 エエ所有るやんか、あの兄ちゃんが
言うたんでしょう。 それからホテルを引き上げ、特別区内のホテルに
移りました。 区内にはレストランや喫茶店等、娯楽施設が在りました。


「あのねー、タバコ吸ったら直ぐベル鳴りおるねンー」
「そしたらナー、このスイッチの線切りましょンー」と香港人
「エーそんなんして、ええんかいナー」
「かめへん、かめへん、こんなもん又、直したらええねんヤー」
「無茶苦茶、するなアーあんたはんワー」

 

 そう、此所のホテルは街中と違い酷く落ちて汚く、設備も整っていません。
風呂はシャワーしかなく食事も外です。
こんな所でも一月以上我慢して仕事一途です。
 次は2回目の中国で、しかも一人で行かなければ成らないのです。     

次へ