読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余話噺5同窓会

余話噺

余話噺5同窓会

目次 余話噺1こと始め5/7--余話噺2美味しい噺5/10--噺3北野
  劇場5/12--噺4信長公5/22--噺5同窓会5/24
写真 1場内土産屋5/10--2城の北門5/12--3西側からの城門5/22
  4東側からの大手門5/24

 先日、高校の同窓会が池田市内の料亭で開かれた。前日には会社
のグループ仲間のOB会が大阪平野区の料亭で開かれ、青森、岡山、
徳島からの参加者も含めて、近況や昔話しに花が咲きました。参加
メンバ-の歳はまちまちですが同じ釜の飯を食った仲ゆえ,話しも弾
みます。 そして、スカイプ会議への参加を約して分かれました。
 その翌る日が同窓会でモタモタしてる内に遅れそうに成り、自転
車で駆けつけました。そして、宴席について驚いた何の担任の先生
の若々しさです。前にお会いしたときはヨボヨボしてた印象が溌溂
とお話しされ聞いていると最近、私らよりも古い年代から、新しい
年代まで受け持った担任の各同窓会に参加され四方山話に講じてい
るとのことです。 それで若々しくなったと納得です。久しぶりに
会う同級生は思春期を同年代で過ごした仲ゆえ、ツ-と言えばカ-で
話しが盛り上がり楽しく過ごしました。
 最後に私のプログ小説”流れの落ち葉”の表題の基に成った校歌
”猪名の川瀬に水澄て--”を合歌して参会し、有志で2階のカラオ
ケで、私の十八番の北国の春をターチャ、ヘンハウーウオースー、
サンクーダー、ロンチュウシャーと気分良く歌い、皆が駅への送迎
バスで向かうのを見送り自転車でダイハツ塀の横をフラフラと無事
戻りました。
 シニアの皆さん是非に同窓会に参加して若さを取り戻そう。
次回へ。
写真 4城の東側からの大手門

 

f:id:FUNFUJ:20150731053548j:plain