読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想街道16 伊勢志摩サミット

 写真は賢島周辺を巡るスペインの軍艦で舳先に立つ私です。
小人数の観光船と船長と見張りの船員です。

f:id:FUNFUJ:20160808202920j:plain

f:id:FUNFUJ:20160808203000j:plain

 f:id:FUNFUJ:20160808203037j:plain

 f:id:FUNFUJ:20160808203102j:plain

 f:id:FUNFUJ:20160808203120j:plain

 

目次 妄想街道1高野山--妄想街道2長白山--妄想街道3続長白山
   妄想街道4甲山(兜山)--妄想街道5歌舞--妄想街道6爆買い
   妄想街道7卑弥呼--妄想街道8腰痛被害--妄想街道9山の彼方に
   妄想街道10続高野山--妄想街道11高野山に勝頼の墓
   妄想街道12着物洗い張り籡(しんし)--13出たア~猫侍
   14ソーシャルビジネス--15お伊勢さん--16伊勢志摩サミット
掲載写真 1中山寺馬頭観音院と白鳥塚古墳--2釈迦院本堂,護摩堂(不
   動明王),修行大師像-3池田の五月山--4中山寺の展望台より兜山
      5福岡ロボット博の母里友信人形--6池田の慈母観音菩薩
      7高野山入り口-8五月山近辺の野鳥-9吊り橋から見た山の彼方
      10高野山の山々-11奥の院への参道入り口-12籡(しんし)の見本
      13猪名川に沿いの唐船が淵碑--14猪名川に架かる吊り橋
      15二見ヶ浦--16賢島周辺を巡るスペインの軍艦,舳先に立つ私,
    小人数の観光船,船長と見張りの船員

 

 伊勢志摩サミットが5月26,27日に三重県志摩市の賢島で開催された。
家のリフォームも殆ど終わり,報告に伊勢参りを考えていた私は阪急交通
社で,内宮参りとサミットが開催された賢島遊覧のツアーを見つけ予約した。
 何時も乗る川西能勢口便は人数が集まらず、梅田発で申し込みました。
7月26日朝7:20分集合で,7時に梅田に着き阪急本社ビル横のバス乗り場は
見つけたが、受付は別の場所との事。 乗り場は各社のバスが多く、目的
のバスは分からず、近くに居た他社の案内人に聞くと道路反対側のビル1
階に有ると言う。 集合時間も遠うに過ぎ道路反対側のビルを探したが
見当たらず.ふっと見ると案内旗を持ったガイドさんの組が2~3組通り
すぎるので,一番近いガイドさんに聞くと,ナア~とナア~ンと目的のツアーで
あった。

 

 所で,私は酒もタバコも控えていないので病院の先生から,超音波検診と
薬を飲んで測るCTスキャンを勧められ受診したら,膵臓も肝臓,胃腸,腎臓
も何らの異常も無くガンも有りません。 只、糖尿の予備軍で饅頭怖いで
、糖分は控えています。 ゆえ、酒もタバコもマイペースで心置きなく
ツアーに参加できました。 鞄に焼酎ロックを魔法瓶に入れて行きました。
 バス乗り場に戻り順番に乗り込むが、私は遅れたので一番前の通路側
でした。 反対の席にはガイドさんで良かったが、窓側は私より年上の
訳知り爺でした。 ほんとの席は中ごろでしたが遅れたのでバツです。
 急いでたので,難波でツアー客を乗せるとき便所に行き、又遅れました。


 なんやかんやで5時間掛けて伊勢内宮に着き、自由行動となりました。
五十鈴川の手洗場で手を清めてから本殿に向かいました。 伊勢神宮
中でもっとも強力なパワースポットだと言われている四至神の石座(神宮
境内を守る神様)と木華開耶姫命(このはなさくやひめみこと)が祭神の
神社に参りました。 姫命は美しい女神で、縁結びや安産の神様として
知られる神様ですが、まだ私にもチャンス到来有るかもとお賽銭を弾み
ました。 そして正殿,荒祭宮他をお参りして,おかげ横町に向かいました。


 通りは外人も含め、大勢の人が散策していました。 人の間を向けて
横道に入ると丁度太鼓の催しが始まって居て、大太鼓の響きや小太鼓を
綺麗な女人の連打に見とれていました。 戻る途中でカレー仕立ての
伊勢うどんを生ビールで美味しく頂きました。 早めにバスに戻り、
持参の焼酎ロックで配られた巻き寿司を頂きました。 尚、ツアーには
若い女子グループや、夫婦、オバサングループ、そして単身で参加して
いる人も居ます。 私も、その内の一人で単独行動しています。 横の
爺はガイドさんに纏わり付いて嫌みが目立ち、他の人も胡散臭さく陰口
言っていました。


 それから、賢島遊覧へ向かいました。 船着き場で並んで待つ時間が       あり、カメラを忘れたのでカメラ屋は何処とキョロキョロしていると同じ      ツアーのご夫婦が”貴方首に掛けてるのは携帯でしょ~”と、”ア~、そう      や~携帯カメラ有ったんヤ~。” それから、ご夫婦と若い男性が一所に      成ってカメラ設定と操作を教えてくれて取ったのが添付写真です。
 乗船すると東南アジア系のグループや色んな団体のグループが乗って
いました。 私はいの一番に甲板に上がり舳先に陣取り出港の様子を眺め
ながら写真を撮りまくりました。 娘さんを連れた奥さんに私の写真を
撮って貰いました。 それから食堂に行きビールを注文して、持参の焼酎     ロックを飲みながら、同じツアーのオバサン達と歓談しました。
次にミキモト真珠の展示場を見て帰路に着きました。

 無事に梅田に着き、土産の赤福を受け取り機嫌良くガイドさんに挨拶
してPM8時頃、帰宅して赤福の賞味期限が有るので会長以下5軒に配り
ました。 出だしは悪かったが、まずまずのツアーで満足しました。


以上