読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”流れの落ち葉”8 余話3目次

2013-01-26

”流れの落ち葉”8 余話3目次

写真は下の宮です。

f:id:FUNFUJ:20150726053752j:plain

”流れの落ち葉"8余話3 目次

目次

 2013-01-15          2013-01-16

流れの落ち葉 ことの始め   スポット小説 ”流れの落ち葉” を始めるに当たり

2013-01-16        2013-01-16

”流れの落ち葉”1プロローグ  ”流れの落ち葉”2 入社

2013-01-20       2013-01-2

”流れの落ち葉”3 入社2   ”流れの落ち葉”4 入社

2013-01-2         2013-01-24

”流れの落ち葉”5 本社ビル1 ”流れの落ち葉”6余話1 猫の話

2013-01-24

”流れの落ち葉”7 余話2 名前について

2013-01-25

”流れの落ち葉”8 余話3目次

 前回、小説をあきらめて、ロボットに専念すると言っているが何も投降すると

言っていない。 OBの皆さんもそれでは承知しないでしょう。

ゆえ、これからも読みやすい様に目次をつけました。

本文以外の私ごとは余話で区別します。

 それから、これは酒飲みの繰り言としてお読みください。

 F社の若人よ、君たちにアジエーターではないけれどアジエートします。

昭和の企業戦士は今回のアルジェリアと同様の危ない目に有ってきました。

只、国が強いのか、相手が弱小なのかは不明なのだが無事過ごして来ています。

 ゆえ、君たちはその日のために研鑽し、精進の上すばらしきF社員に向上する

ことを願ってならないのです。

先輩諸氏、大いにアジエートしてください。

次回へ Y.F